胃腸薬によって守られている胃

元々胃腸が弱かったりだんだん年齢を重ねてくると、胃腸の調子が悪くなってくることがあります。胃腸薬は様々な種類がありますが、こちらではどれがどんな効果?どれを使えばいいの?などの胃腸薬への疑問を解決していきます。

市販品の胃腸薬が効かなくなったら病院へ

胃が痛んだり、胸やけがしたり、どうもすっきりしない場合には、身近にある市販品の胃腸薬でしのいでいる人も多いでしょう。
一時的な食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因の場合には、胃腸薬の効果もあるので、それですっきり改善することも多いのですが、一時的になってもまた繰り返す場合には、市販品の胃腸薬があっているのかもわかりません。

一時的に不快な症状が治ってしまうと胃腸薬を飲まなくなるというケースも少なくありません。

このように自己判断で市販の胃腸薬を服用している場合、だんだんと効かなくなる場合もあります。
効かなくなったら病院を受診するようにするのが適切です。

まず、自己判断で服用している薬があっていない場合もありますし、胃や腸に何らかの疾患がおこっていることが考えられるので、しかるべき検査を行い、適切な薬の投与を受けることが必要になります。

市販の胃腸薬で、症状だけを抑えるために服用し続けていると、胃や腸で重篤な疾患がおこっていることも考えられます。
一般的には、病院では、胃カメラや大腸ファイバーの検査を行って、発症している疾患を確認します。
それに応じて、適切な内服薬の処方をしてもらえるため、諸症状の緩和や改善が速くできるようになります。

胃腸薬といっても、そのメカニズムによって様々な作用があるため、自己判断で市販品の服用をしていても合わない場合もあるために効かなくなることもあります。

原因となっている疾患を見つけるためには、病院へ行くのが最適な手段になります。

したがって、胃腸に疾患がある場合には経過観察を病院で行いながら内服治療を継続するというのが一般的な治療方法です。
必要に応じて、ポリープの切除や治療に必要な手術を受けなければならないことももちろんあります。

上へ戻る