胃腸薬によって守られている胃

元々胃腸が弱かったりだんだん年齢を重ねてくると、胃腸の調子が悪くなってくることがあります。胃腸薬は様々な種類がありますが、こちらではどれがどんな効果?どれを使えばいいの?などの胃腸薬への疑問を解決していきます。

低年齢でも問題無い胃腸薬のイノセアバランス

胃腸薬とし人気のあるイノセアバランスは、薬ではあるものの配合されている成分に拘りが詰まっているため、比較的低年齢から服用することができます。
まだ身体が成長し終えていない年齢であっても服用しても問題無いということは、それほどイノセアバランスという胃腸薬は身体に対して優しいと言えるのです。
イノセアバランスは身体に負担をかけないので、調子が好ましくないと感じた際にはすぐに服用すれば良いのですが、できる限り胃腸薬には頼りたくないという場合は飲み物で解消を目指す方法もあります。
胃もたれを引き起こしている場合、食事は消化性に優れており胃に対して優しい食材を1日に3食しっかりと規則正しく摂ることが重要です。
食欲が無い場合は無理して食べることは避け、ハンドメイドのジュースなどを飲用しても良いです。
人気があるレシピは、キャベツと林檎を使用したジュースです。
消化を助けてくれるクエン酸とリンゴ酸がたくさん含まれている林檎と、ダメージを負った胃と腸の内部の粘膜の修復を促してくれるキャベジンが多く含まれているキャベツをミキサーに投入しミックスすることにより、美味しいジュースになります。
次にみかんと大根と林檎を用いた飲み物も好ましいです。
大根は消化酵素剤として有名な成分が配合されているため、胃もたれの症状を解消するためには最適です。
大根を単体でミキサーにかけて飲むのは辛さを感じたり、青臭さを感じてしまいますが、みかんやりんごを混ぜることにより口にしやすくなります。
胃の調子が思わしくないという場合、つい胃腸薬に手が伸びてしまいますが、あまり症状が酷くない時はジュースで症状の改善を考えてみるのも良いでしょう。

上へ戻る