胃腸薬によって守られている胃

元々胃腸が弱かったりだんだん年齢を重ねてくると、胃腸の調子が悪くなってくることがあります。胃腸薬は様々な種類がありますが、こちらではどれがどんな効果?どれを使えばいいの?などの胃腸薬への疑問を解決していきます。

ロキサチジンが含まれている胃腸薬は食道炎に効く

胃腸と密接なつながりのある病気に、逆流性食道炎があります。この食道炎は、胃酸が食道の方に逆流して不快な症状が起こります。胸焼けや吐き気といった症状が一般的ですが、激しい咳が起こることもあります。逆流性食道炎によく効くのはロキサチジンのような胃酸を抑える成分が含まれた胃腸薬です。ロキサチジンは胃粘膜のヒスタミン受容体をブロックして、胃酸の量を少なくします。
胃酸は食べ物の消化のために必要な物質ですが、増えすぎると体の害になります。胃酸が増える原因はいくつかありますが、特に食べ過ぎやアルコールの飲みすぎで増えます。多少の食べ過ぎや飲み過ぎなら特に問題はないのですが、それが続くと胃酸が増えるやっかいな症状が起こります。
食道炎はきちんと治療すれば、命に関わるような事態を招くことはありません。しかし、不快な症状は強くて、食欲が全くなくなったり、仕事をする気が失せたりします。胃酸は強い酸性なので、食道や喉にダメージを与えて、出血することもあります。ロキサチジンには胃酸を抑える強力な作用があり、これを服用すれば、逆流性食道炎の不快な症状はおさまっていきます。ただし、効果が出るまで時間がかかることもあるので、辛抱強く飲み続けることが大切です。
ロキサチジンが含まれた薬は病院で処方してもらうことができます。保険を使えるので、病院で処方してもらった方が経済的です。しかし、仕事が忙しくて病院に行けないこともあるでしょう。そんな時は薬局で市販薬を購入しましょう。市販薬の中にもロキサチジンが含まれている薬があります。ただしその量は病院の薬よりは少ないので、市販薬で不快な症状が治らない時は病院に行きましょう。

上へ戻る